デイで子供心に戻ってほしい時のレクリエーション*メンコ

手先を使うレク

昭和を生きた方、特に男性ならば懐かしい遊びとして思い出される方も多いのではないでしょうか。
メンコは準備はあまりいらず、ルールも難しくなく、何より馴染みのある遊びだと思います。

男性は昔遊んだという方も多いと思いますので、当時よく遊んでいた方だったら、どのようにしたら相手のメンコを裏返せるかをよく知っていて、逆にメンコになじみのない職員に教えてくださる方もいます。また、実際にやってみると少年時代遊んだ時のことを思い出し、徐々に熱が入ってこられる方もいます。女性はあまり遊んだことがないかもしれませんが、勝負ごとに熱くなられる方は夢中になられると思います。

投げる時に力がいるので、力の弱い方などはひっくり返すことが難しいかもしれませんが、メンコの作り方や置く場所を工夫することでめくりやすくなったりします。また、メンコを使った別の遊び方を取り入れることで、どんな方にも参加しやすくなるように工夫をすることもできます。利用者様の状態を考えつつまずはやってみてもよいかもしれません。
それでは実際のやり方です。

スポンサーリンク

準備物

メンコ(厚紙を切っただけのものでも大丈夫です) : 人数分

やり方

①利用者様に円形になって座てもらいます

②一人一枚ずつメンコを渡します

③地面に約30㎝四方の枠を作ります(仮にフィールドと呼びます) 人数によって枠の大きさを変えて大丈夫です また、真四角でなくても大丈夫です(ビニールテープなどを使うと凸凹しなくて済みます)

④投げる順番をじゃんけんやくじ引きできめていきます(アイスブレイクにもなります)

⑤最初に投げる人以外のメンコをフィールド上に置きます この時メンコとメンコが重ならないように置きます

⑥最初の人から順番に自分のメンコを投げていきます 他の人のメンコがひっくり返ったり、フィールド上から弾き飛ばされたり、投げたメンコがほかの人のメンコの下に潜り込んだりしたら勝ちです
 弾き飛ばしたりした枚数分だけ得点になります 自分のメンコがフィールド上から出て行ってなければ連続して投げてもOK

⑦一人投げ終わったら、メンコをフィールドに戻します 次の人は自分のメンコをもって投げていきます それをどんどん続けていきます

⑧2~3週して合計得点が高い人が勝利です

⑨上手に優勝者にメンコをひっくり返すコツなどをインタビューしてみると、うまくひっくりかえせなかった人にも次回する時のヒントになります また優勝者はヒーローのようになり満足感が出ます

激しく動いたりするので、最後に歌を歌って落ち着いたり、深呼吸や腕のマッサージなどしてみるとクールダウンとなります

メンコを裏返したり弾き飛ばしたりするには、かなり力を入れて投げることが必要となります。男性で力のある方はいいですが、女性などでは裏返しにくかったりします。
メンコで上手に裏返すコツはメンコをある程度重くする事と、地面が少し凸凹していて空気の通り道がある事です。メンコを少し反り返して下に滑り込ませやすくしたりという工夫もいいと思います。女性や麻痺があって力が出にくい人等にはそのような配慮をしてから投げてもらうとバランスよくできるのではないかと思います。 
また、メンコの本来の遊び方とは少しはずれますが、テーブルに乗せたメンコを滑らせて、テーブルから落ちないように気を付けつつ、なるべくテーブルの反対側の端に近づける という遊び方をしてもみても良いと思います。誰でも参加しやすい遊びとなります。

男性は勝負ごとになると熱くなられる方が多いため、立ち上がって投げられる方も多いと思います。
投げるときにぶつからない位置に職員が待機して、バランスを崩された方がいた時にはすぐに支えられるよう、職員の配置にも気を配り、事故のないように安全に遊んでもらえたらと思います。それではレッツトライ!

メンコづくりもやってみよう

メンコは遊ぶ時も楽しいですが、作るところから始めると、小物づくり等好きな方にも楽しめるレクリエーションとなります。また、自分のメンコに愛着をもてるので、勝負に勝てなくても楽しめる要素が増えると思います。

販売されているような昔ながらの和風の絵柄のメンコは、当時を思い出すきっかけになり、自分たちで作ったメンコは、お互いの作品がどんなものかという感想を話ししながら遊べ、それも楽しみ方の一つとなります。簡単なものでいいので作ってみてはいかがでしょうか?

準備物

  • 厚紙(牛乳パックや段ボールでもOK)
  • ハサミ
  • 色鉛筆や油性ペン
  • コピー用紙
  • ノリ

作り方

①土台となる厚紙などを四角や丸い形に切ります (厚紙や牛乳パックで作るときは重さを出すために何枚か張り合わせます)
*大きさは大体10㎝前後のものが持ちやすくいいのではないかと思います

②①で作った形と同じ形をコピー用紙に写し、切ります

③切り取ったコピー用紙に好きな絵を描きます(元からイラストプリントアウトしてそれを切り取っても大丈夫です 塗り絵の一部を切り抜いて張ってみてもいいと思います)

④③のコピー用紙を①の土台に貼り付けます(裏表に違う絵を張り付けるとひっくり返ったのが分かりやすいです)

⑤メンコのふちをマスキングテープなどで装飾をします 滑りもよくなります

*牛乳パックはや厚紙は直接絵を描いていってもいいと思います。牛乳パックは油性ペンでないと色落ちしてしまうので、注意が必要です!
また、メンコは折り紙でも作ることができ、つくり方が動画などで紹介もされています

【メンコの作り方】折り紙 音声で分かりやすく解説付き☆


メンコをひっくり返しやすくなるコツには、メンコの重さや投げる角度、メンコを置く地面の状態等いろいろな要因があります。利用者様と一緒にそのコツを職員も探してみるのも面白いと思います!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました