【便利】介護職員の持っていて有り難かったグッズ【疲れにくい】

介護士お役立ち情報

こんにちは~!かもめです。

このサイトを見つけてくださってありがとうございます。
ここでは、日々のレクリエーションを何にしようか悩んでいる介護士さんへ、ヒントになるようなレクネタを紹介しています。
また、かもめがレクを実際に行った時の様子や反省点なども紹介しています。

今回は、介護職で使う ”便利なグッズ” を紹介していきます。

介護をしていると、毎日クタクタに疲れませんか?
そんなあなたの体力を少しでも温存してくれるようなグッズたちを紹介していきます。

完全に独断と偏見ですが、オススメのものばかりです。
それではどうぞ!

スポンサーリンク

疲れにくくなる!便利で使いやすいグッズ

はぁ~。介護をしていると毎日体力を使って疲れるよ~。
もうちょっと楽に働けるようにならないかな?

本当にね。毎日の仕事のムダを省くことが、いちばんだよね。
でも、それ以外に使っている道具を見直すことで疲れは軽くすることが出来るよ!

え?本当?例えばどんなものを使っているの?

そうねぇ。例えば普段良く使うボールペン。これを書きやすいものに変えるだけで疲れやすさも変わるよ。
そうね、いい機会だから、私が使っていて便利だなぁと感じたグッズを紹介するね。

介護士の仕事はハードで、肉体労働ですよね。
そんな毎日クタクタに疲れる仕事の中で、上手に仕事道具と付き合うことで、疲れ具合も変わってきます。
ここからは、かもめが使ってみてよかった物を紹介します。

ボールペン

ジェットストリームのボールペン一択です。太さは0.5mmボールのものがいいです。

色々ボールペンは試しましたが、今はこれのみを使っています。
本当に書きやすさが抜群です。そして安い!コスパ最高です。
記録が電子化した施設の方にはそこまで関係ないかもしれませんが、介護に記録はつきものです。
その記録で使っているペンが重かったり、使いにくかったりするだけで、とてもストレスになり疲れにつながります。
かもめはこれに変えてから、書くことに集中出来るようになりました。

ジェットストリームのボールペンはコンビニのセブンイレブンに売っていますし、他にも売っているところは多いです。
また、Amazonなどのネットショップにも売っていて、箱買いしておけばインク切れの時に慌てること無く交換できます。

黒だけでなく赤のボールペンを使う機会の多い介護職の記録ですが、2色以上が1本になったボールペンはオススメしません。
2色ボールペンを使うくらいならば2本持つことを強くオススメします。

理由はインク切れの時に交換が面倒くさいからです。単色のボールペンならば本体を交換するだけで済みますが、多色ボールペンだと、残っているインクがもったいなくて、結局古いものも使いつつ、新しいものも用意することになりがちです。
また、持った時の重さも重要です。記録をしている間重たいボールペンを持っているだけで疲れてしまいます。
特に女性だと男性に比べて力が弱い方が多いので。

ジェットストリームのボールペン 使ってみませんか?

メモ帳

「ウェアラブルメモ(通称ウェモ)」というものを知っているでしょうか?

手首にリストバンドを巻くのですが、そのリストバンドにボールペンでメモが出来る!というグッズです。

グッドデザイン賞も受賞していて、他の人の口コミでも満足している方が多いです!

かもめはもとも短時間のみに必要なメモは自分の手首にメモをしていました。
ですが、やはりマナーとして良くないですよね💦
ウェモを使い始めてからきちんとメモ帳に書いているという安心感を得ることが出来るようになりました。

夏場にちょっと蒸れて暑いのが玉に瑕ですが、とても便利です。
きれいに消しきれない時には、アルコールを使うときれいに消えます(というかそうしないとどんどん汚れた感じになるので、見た目が悪いです)

デメリットも有りつつ手首に書くよりもはっきりと目につくようになりました。

普通のメモ帳でも、良いのかもしれませんが、メモ帳は常に目につくところにおいておけません。
ウェモはいつでも見えるところにあるので、大切なことを忘れることがなくなりました!

大切な情報を忘れてヒヤリハットにつながることも少なくなり、仕事自体が順調に進みます!

*ジェットストリームボールペンとは相性が良くないため、消えにくいみたいです。ジェットストリームしか使ったことなかったので、こんなものかと思っていました。
ZEBRA社 ジムノック 0.7mm芯が推奨のボールペンみたいです。
かもめはそれでも使っていますが・・・。

シューズ関連

シューズに関してはどれもピカイチ!という商品にまだ出会えていません。
今まで使った中では、ナイキまたはプーマが良いと感じています。

プーマは幅広で、履きやすく軽いのですが、少しクッション性に乏しくて足が痛くなりやすい。
また、ベロ(足の甲を覆う泥除けの部分の事)の部分の長さが短く、すぐに足先の方へ引っ込んでしまうのが少し面倒くさいです。
でも、幅広の足の方にはオススメです。あと、地味に紐がほどけにくいのがグッド!

ナイキは、靴底の部分のクッションがとても厚く、足が疲れにくいです。一方、重さがあるという一面では体力や足の疲れに繋がりやすいとも言えます。
とは言え、1歩1歩の衝撃が緩和されていて、歩くことに負担を感じにくいです。

小物を使おう!

かもめが今靴で一番必要だと感じているのが、土踏まずをサポートするグッズです。

靴底にインソールを入れる方は多いかもしれませんが土踏まずサポーターまで使っている人は少ないのではないでしょうか?

土踏まずから支えてくれるグッズを使うと足の疲れ具合が格段に少なくなります。

かもめもデイサービスに務め始めた時に、土踏まずサポーターを入れずに仕事をしていて毎日ふくらはぎなどの痛みを感じていました。
でも、”そう言えば土踏まずサポーターを入れていないぞ” と思い、百円均一で直ぐに購入!
1週間後には足の痛みが取れていました!

とても効果抜群です。ぜひやってみてください!

こんな感じの商品です。
百円均一でも売っていますよ!
そのまま使うとずれてしまうので、インソールと一緒に使うことをオススメします。

エプロンバッグ

エプロンバッグというのはウエストポーチのようなものだよ。
これは、ファスナーが付いていない分取り出し易いのがいいところ。
あと、用途別のポケットがたくさんついていて、印鑑やペン、手袋やウェットティッシュなど入れることが出来るよ!

エプロン自体を使用しているところもあるかもしれませんが、1つ持っていると仕事の効率が上がります。
印鑑を入れるところがあるのがありがたいです。記録で文字を間違えた時にすぐに訂正印を取り出せます😓

ただし、腰に巻くので蒸れやすいことと、便秘になりやすいことがちょっと悩みです。

腰痛ベルト

平気な人は平気。痛む人はずっと痛む腰痛。

かもめも1度ぎっくり腰を経験した後、腰の痛みに悩むようになりました。
そんな時には腰痛ベルト!

痛くない時に巻いていると、蒸れるし、筋力の低下につながるので良くないですが、本当に痛い時には効果抜群です。

かもめは バンテリンの製品を使っているのですが、これは固くて蒸れて縦に大きくて、逆に幅が短くて大失敗!動きながら使うには不向きでした。

この失敗の経験から、メッシュ生地で柔らかいもの、幅が長めのものが介護職員には適していると思います!
具体的な商品説明は別の機会に。

チョットしたアイディア:ハサミ代わりのボールペン

介護施設に務めていると、ダンボールを開ける機会が多いですよね。

ダンボールを開けるのには、ハサミやカッターが欲しくなりますが、取りに行くのが面倒くさい!

そんな時にボールペンを利用してみてはいかがでしょうか?
インクのでなくなったボールペンを1本持っていて、ペン先でカッターの刃の代わりにします。

ハサミやカッターは利用者さまに危険だから持ち歩きにくいという方にも使える方法です。

かもめは発注係をしていて、届いた物品を開ける時にこの方法を使っていました。
ハサミほど開けやすいわけではないけれど、十分機能を果たします。
普段から歩く機会の多い介護職。
少し楽をしたい時にお試しください。

最後に

介護職員の一番の仕事は利用者さまのQOLを上げることです。
そのために介護職員のQOLを上げていることが大切です。

自分の余裕のない時に人の事を真剣に考えることって出来ないですよね。
なので、自分の体調、そして心を健康に保つために少しでも役に立たないかと思い、これらの商品を紹介してみました。

今日も明日もこれからも。ずっと利用者さまの笑顔のために一緒に頑張っていけたらとおもいます。
そのために、これらの商品を活用して、利用者さまに感謝される介護職員を続けていきましょう!

さあ、レッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました