【犬棒かるた】お手玉かるた【自作】

運動系レク

こんにちは~!かもめです。

このサイトを見つけてくださってありがとうございます。

今回紹介するのは ”お手玉かるた” というレクです。

基本的には かるた ですが、とり方に少しゲーム要素を入れています。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

お手玉かるたとは?

基本的にかるたと一緒ですが、取り札を取る時にお手玉を投げて、取り札の上に一番早く載せた人がカードをとれる、というルールのゲームです。



純粋にカードを見つけるのが早い人、見つけるのが遅くてもお手玉を正確に投げる人など個性が見えて楽しくできます。

それぞれ得意なことを活かして、活躍できるというメリットもあります。

効果・メリット

お手玉かるたには以下のような効果・メリットがあります。

  • 腕や体幹など身体機能の維持向上につながる
  • 前傾姿勢でバランスを取る力を高める
  • 集中力を高めることに繋がる
  • 瞬発力を高めることに繋がる
  • 懐かしいかるた遊びで参加しやすい
  • 昔話などコミュニケーションにつながる
  • 口腔機能・呼吸器機能の維持向上につながる
  • 実際にカードをとれると楽しい・嬉しい・達成感!

注意点・デメリット

以下の点に注意しておこないます。

  • ルール説明を丁寧におこない、職員が見本を見せる
  • 転倒・転落につながらないように、姿勢を整えてからゲームをおこなう・見守る
  • 片麻痺の人や力の弱い人に不利にならないように、かるたまでの距離を調整する
  • 耳の聞こえにくい人のために、読み札を読む場所を調整する
  • 一人一枚とれるように近くにあるものを確認してもらう
  • 目の見えない人のために、フォローをつける
  • ゲームに参加したくない人にいは無理強いせず、その人に合わせた過ごし方をしてもらう

お手玉かるたをやってみよう!


お手玉は施設に用意してある所も多いと思いますが、かるたは大きめのものを用意しました!

時間・人数の目安


30分程度・5~20人くらいを想定しています。

準備物

  • お手玉 : 一人2個ずつ
    *お手玉に利用者様の名前を貼って、誰が投げたお手玉か分かるようにしておきます

  • かるた : 1セット
     *お手玉の 的(まと)になりやすいように、大きめのものを使います
     *大きさはA5の大きさくらいがちょうど良いと思います
     *大きいものがない時には自作してみましょう(後述)

犬棒かるたを自作するなら?

ちびむすドリル 様  というサイトから素材をダウンロードをすることができます。


ダウンロードしたものは小さいサイズですので、一枚がA5サイズになるように拡大コピーします。


コピーしたものをラミネートして完成です。A4サイズで2枚分作っておき、切り離してもOKです。

*ラミネートしたものは消毒しやすいため、コロナ対策にもなります!


やり方

①利用者様にフロアに円形になって座ってもらいます。

②今から ”お手玉かるた” をおこなうことを伝えて、ルール説明をします。

  • 個人戦です
  • 基本的に かるた です
  • 職員が読み札を読み、利用者様に取り札をとってもらいます
  • 取り札はお手玉を投げてもらい、札の上に一番早く乗せることができた人がとります
  • お手玉は一人2つづつもてます
  • 最後に一番とった札の多い人が優勝です

③職員が見本としておこなってみます。
この時投げ方が必死だったりすると、利用者様に楽しんでもらいやすいです。

④実際にゲームをおこないます。
読み札はゆっくり、はっきり読みましょう。
耳の聞こえにくい方のそばで読むと不公平が少なくなります。

⑤取り札が場になくなったら終了です。

⑥カードの枚数をそれぞれ数えてもらい、発表してもらいます。
一番多かった人が優勝です!

⑦優勝者や活躍した人、面白い投げ方をした人など紹介をして、インタビューをしてみます。
優勝者に万歳三唱をしてもらい終わります。

⑧最後にクールダウンのために、深呼吸やストレッチをします。

利用者様の反応は?

ちびむすドリル様の絵柄が可愛くて、女性陣ではそちらのほうが盛り上がっていました!


「この絵は何ていうことわざだっけ?」 など、日本人ならば一度は聞いたことのあることわざを使ったかるたということで、

絵から読み札を想像する!!


という新しいゲームが始まりました!


利用者様の想像力から、楽しい時間となり、職員としてもとても嬉しいです。


もちろん、かるたの方も真剣に取り組まれていましたよ!

遊び方は 「人それぞれ」 です。
はじめに狙った札をひたすら待っておられる人や、前傾姿勢ですぐに投げれる体制を取られる人などなど・・・。



前傾姿勢になられる人は転ばないかとドキドキしましたが、職員もそばに控えて安全にも注意して行えました。

テーブル上ではなく地面においたかるたを取ることも新鮮だったみたいです。


コロナの中で、あまり密集しすぎずできる集団レクリエーションはとても貴重です。
同じ時間を共有したい人には楽しかったみたいでした。

反省点・改善点

ラミネートをしてしまったので、電灯の光で少し見えにくかったことです。

場所を調節したので最終的には見えていたのではないかと思うのですが、調整が難しい施設では不適切かもしれません。

取り札の消毒は紫外線(日光など)にして、紙素材のまま使ったほうが見えやすいと感じました。


最後に

アイディアって掛け算ですね😊



普段していることの内、2~3こずつ組み合わせてみると、新しいレクリエーションが作れます。

全く新しいことを考え出すのは難しいですが、これならば少しずつ新しいことを作っていけます。


人生も同じですね。

自分の得意としていたこと同士を2つ以上掛け合わせると、貴重な人材になれます。

自分の得意なことをしっかり伸ばしていって、それを掛け算してより素敵な人生を送っていってもらえればと思います。

さあ、未来に向かってレッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました