手先を使うレクのまとめ

手先を使うレク

こんにちは~!かもめです。
このサイトを見つけてくださってありがとうございます。


今回は今まで紹介してきた手先を使うレクリエーションをまとめとして一覧にしてみました。

簡単な紹介をつけていますので、明日のレクに役に立ちそうなものがあれば、関連記事で詳細を確認してみてください!


それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

玉入れ

赤白のチームに分かれて、かごに玉を入れていくゲームです。

単純ルールで体も動かせて、かつ投げる時には指先の動きもコントロールしないといけないので、全身に気を配るゲームです。

かごは複数用意しておき、職員がかごを背負って動き回ると楽しんでもらいやすいです。
時にはトリッキーな動きをしてみます。

背負ったカゴの点数を高くしておくと皆様頑張ってもらえます。

2~3回位ゲームを行うと、少しづつ投げる感覚を身につけてもらえるので、次第に上手にかごに入れられるようになります!

中には、立ち上がって近づき、何個も一度にかごに入れる人も。

車椅子の人は、床においたカゴに入れるように頑張られていました。

バランスお手玉【ジェンガ風ゲーム】

ラップの芯の上にお盆を載せ、その上に積まれたお手玉を一つずつ取っていき、お盆が倒れたらゲームオーバー というルールでおこなうゲームです。

ジェンガは積み木を高く積みますが、もう少し準備を簡単にして、アレンジしてみました。

順番にお手玉を取り除いていき、お盆を倒した人以外に、得点が入るようにします。

残っているお手玉の数によって得点を変えると、集中して参加してもらいやすいです!

皆様バランスを保つように取るお手玉を調整されていて、最後の一つまでバランスを壊さずにゲームが終わることもありました。

そんな時には、職員が負け!などのルールを取り入れ、職員は罰ゲームをすると、きっと喜んでもらえると思います。

罰ゲームの内容は利用者様に考えてもらいましょう!(変なリクエストが来ませんように!なむなむ)

メンコ

昔ながらのメンコ遊びです。

厚紙などでメンコを作り、順番に床に叩きつけます。
床においてあったメンコが、ひっくり返ったり、フィールド上から弾き飛ばされたり、投げたメンコが他のメンコの下に潜り込んだりしたら、メンコを投げた人は特典を得ることができます。

メンコを奪うことはせずに、得点を争って遊びます。

男性利用者様は、メンコで遊ぶこと自体に懐かしさを感じて、積極的にしてくださいます。

女性の利用者様は、メンコを作る事を楽しんでもらったり、あまり馴染みのなかった男性の遊びを体験することに楽しさを感じてもらいやすいです。

めんこ作りを好きなときにしてもらい、工夫を凝らしたものを作ってもらったり、ひっくり返したメンコを獲得できるルールを作ると、コレクションをする楽しみもできるかもしれません。

カレンダー作り

翌月のレクリエーションや献立のカレンダーを、可愛く装飾して壁に飾れるように作るレクです。

カラーペーパーから好きな色を選び、予め用意しておいた折り紙のモチーフやイラスト、ビーズやマスキングテープなどを使い、切ったり貼ったりして世界に一つだけのカレンダーを作ります。

女性で、モノづくりが好きな人には人気のレクリエーションです。

毎月作ることを楽しみにされていて、たまに作らない月があると

「今月はカレンダーを作らないの?」

と残念そうにされます。

あまりお好きでない人もいらっしゃいますが、できたものを台所の前に飾ってくださっている人も!

出来上がったカレンダーを最後にホワイトボードに貼って、みんなで個性の違いを楽しむのもいいですよ!

新聞落としゲーム

利用者様に丸めてもらった新聞を椅子の上に積み上げて、お手玉を投げて新聞を落としていき、落ちた新聞の数を競うゲームです。

落とした新聞の数が得点になります。
ボーリングの変形のようなゲームです。

新聞が派手に散らばるのは見ていて気持ちいいです。

新聞に折り紙などを貼って、色々な色を付けると散らばる瞬間が花火のように見えます。

また、お手玉の投げ方も、利用者様によって違っていて、個性を知ることができますよ!

タングラム

7つのピースを使って、お題の形を作っていくというパズルゲームです。

大型の三角形2つ 中型の三角形1つ 小型の三角形2つ 正方形1つ 平行四辺形1つ
の計7ピースを使って、色々な形を作っていきます。

インターネット上にもお題のシルエットやその回答が沢山紹介されていますよ!


簡単そうに見えますが、皆様難しそうに苦戦されます。

程よくヒントを出しながら解いてもらうと、達成感を得てもらえると思いますし、逆にしっかりと考えてもらえると思います。

男性などのパズル好きの人にはとてもハマる人がいます。

自由時間にはタングラムばかりされている人も💦

かもめは自作しましたが、商品としても売っていますので一ついかがでしょうか?

射的

お祭りなどの露天で出ている射的のセットを購入してやってみよう!というゲームです。

的自体は自作しても大丈夫です。

景品を用意したり、職員が趣味で作ったものを置いてみたり、単なる紙の的や点数の的でも大丈夫です。

点数の的だと、普通のレクリエーションの一つとして取り入れやすいです。

玩具とはいえ、銃という日本ではあまり触れることのない物を触ることができるだけで新鮮に感じることのできるレクリエーションです。
また、小さい頃や子供を育てていた頃を思い出すことのできる回想法にも役立ちます。

うまく的に当たらなくても、挑戦すること自体を楽しんでもらえるレクです。

非日常を楽しんでもらえるので、リフレッシュ効果もありますが、はしゃいでしまい疲れすぎには注意です😓

玩具とはいえそこそこの重さがあるので、片麻痺で非利き手で銃を扱う人に配慮が要ります。

とはいえ、難しい中で動やったらうまく的に当てるか利用者様が工夫されている姿を見られて、職員としても新鮮です。

また、職員との射的競争などしても、職員一体で楽しんでみるのもいいと思います。

モビールづくり

モビールとは、北欧由来の天井飾りで、棒と紐とモチーフを使って天秤のようにバランスを取ったものです。

カラーペーパーを使い、ダウンロードしてきたモチーフの形を切り抜き、3枚を貼り合わせ、紐と棒でつないで、天井から吊るします。

ハサミやホッチキスなどを使うので怪我には注意しつつ見守ります。

一つ見本となるようなものを作っておくと、出来上がり像が想像しやすいと思います。

そこは時間をかけて準備します。

モビール用の型紙のダウンロードができるサイトがありますので、参考記事の中にリンクを張っています。ご活用ください。

また、ダウンロードするだけでなく切り絵の本などがあれば、それを活用してもいいと思います!

輪投げビンゴ

輪投げをしてビンゴをします。輪が、一直線に輪投げの棒に入る事を目標に、順番に投げていくゲームです。

一列揃ったら1点獲得! 全部の棒に輪がかかるまでおこない、最終的にビンゴをたくさん作れた人の勝ちです。


アレンジ版として、ホワイトボードに 5 ✕ 5 のビンゴマスを書いていき、利用者様に輪投げで入った数字をそれぞれのマスに入れていき、全部数字で埋まったら、改めてビンゴとして輪投げをしていく方法もあります。
こちらも、一列揃ったら1ビンゴとなり、1点獲得します。
最終的にたくさんビンゴを作れた人が勝ちです。


みんなげ輪投げをしつつビンゴも楽しめる一石二鳥のレクリエーションです。

アレンジ版では、狙いのマスの数字によっては輪投げを外すという選択もあります。

単純に輪投げやビンゴを楽しむだけでなく、自分の戦略によってビンゴをコントロールできる楽しさもあります!

おすすめのレクリエーションです。

パステルアート

パステル という画材を使って絵を書くレクです。

型紙を予め作っておいて、粉にしたパステルを指やコットンを使い、型紙の中に塗っていくものです。

型紙があるので、見本があれば誰でも同じような作品を作れますし、逆に個性的な作品を作ることもできます。

パステルの柔らかい色とぼかし具合で、とても癒やしを感じる絵になりやすいです。

作品などは、「パステルアート」と検索するとたくさん出てきます。

具体的な書き方は、こちらの動画を参照してみてください。

【パステルアート】クリスマスアートを描いてみよう~♪雪だるまとツリー

梅邑智恵様のYou Tubeチャンネルより

道具や型紙を用意しないといけませんが、みんなで楽しんでもらえます。

ただし、指がパステルで汚れてしまうのでしっかりと手を洗ってもらいましょう😓

新聞ずもう

細長く切った新聞の両端を持ち、もう一人の新聞と絡み合わせて引っ張り合ってちぎれずに残った方が勝ち! というゲームです。

新聞は利用者様に自由に破いて細長くしてもらいます。

こよりのようによってもいいし、太くても細くてもOK!

勝ち易いようにそれぞれ工夫をしてもらいます。

トーナメントにして最後まで勝ち残った人が優勝です!

新聞を破るために利用者様にお渡しすると興味津々で読み始められる人も!

新聞の中の話題でも盛り上がることのできるレクリエーション出す。

新聞の工夫の仕方によってはとても勝ちやすくなるので他の人がどんな工夫をしているかを紹介してみます。真似をしてもらいましょう。

トーナメント戦なので、一度負けてしまった人が退屈にならないように、敗者復活の枠を作ると自分ごととして、次回のための工夫もしてくださいます。

ブンブンゴマ

10センチ四方の固い紙(厚紙を3枚程度重ねたもの)に絵を書いて、中心辺りに紐を2箇所通して輪っかに結び、厚紙をコマに見立ててまわす遊びです。

「松風ごま」とも呼ばれていた、遊びコマを回すとビュンビュンと風を切る音がなることからこの名前でよばれています。

懐かしの遊びのひとつなので、特に男性だと懐かしく遊んでもらいやすいです。


風を切って回るまでが難しいので、少しずつ挑戦してもらいましょう。

コマを作ってもらうところから始めると、利用者様の独自のコマができます。

コマを回すことで絵がどのように見えるかを他の人と楽しむことができます。

タオルジャンケン

ジャンケンの結果によってタオルを引っ張ったり、取られないように抑えたりして勝負をするゲームです。

2人一組となっておこないます。

5回戦勝負をおこない、3勝した人が勝ちにして、トーナメント戦をします。

単純にスピード勝負なので、力の弱い人と元気な人の組み合わせにならないように、考えてトーナメントを組みます。

また、1回負けても、敗者復活など1回のみの参加とならないように工夫します。

徐々になれていくとどうしたら、タオルを取られないかという戦略など考える人も出てきて、みている職員も楽しめます。

キャップリレー

豆つまみゲームをペットボトルキャップにしたゲームです。

皿に入れたペットボトルキャップを別の皿に移していきます。
チーム戦にして、どちらのチームが早く移し替えられるかを競います。

豆を使うより格段につまみやすくなりますし、2個同時につまんだりできるようになるので、個性が光るようになります。

移し方自体にも工夫の余地があり、利用者様の様子を見ていて職員としても楽しいです。

片麻痺の人で、聞き手が使えない人には、握るだけでつまめるバネ付きのお箸を使ってもらいます。

皆様かなり集中して真剣に取り組んでもらえますよ!


お手玉ジャンケンリレー

ジャンケンをしながらお手玉を次の人に送っていくゲームです。

チームに分かれて、初めの人から最後の人までお手玉を送っていきます。
ぐちの人にお手玉を送るためには、次の人がお手玉を持っている人に勝たなくてはいけません。

最後の人まで早く送ることのできたチームが勝ちです!

ジャンケンをすることで指を使うことを目的としていますが、それ以上にルールを理解してもらうことが頭の体操になると思います。

特に認知症のある人には理解しにくいと思いますので、1チームにつき職員1人ずつフォローに入っておこなうとスムーズにいきやすいと思います。

また、職員人数が少ない時には競争形式にとらわれず、単純にお手玉を送っていくことを目的にしてみてもいいと思います。

しおり作り(押し花作り)

押し花をラミネートして、好きな形に切ることでしおりを作るレクです。

押し花自体もダンボール、ペーパータオルを使い、レンジでチンして簡単に作れます。

デイサービスの庭に植えたお花をちょっとだけ摘み取って、一生残るしおりを作ってみると、思い出に残ります。

また、しおりではなくお花の壁飾りとしても使えます。

レンジに掛けること自体は難しくないのですが、センスが問われます💦

それでも、出来上がったしおりはとっても可愛いです。

厚みのある花は押し花にするのが難しいですが、逆に押しつぶされる過程でとても個性的なものもできます。

それぞれ出来上がったものを見せあうことで楽しむこともできます。

女性にとっても人気のレクです! 特にモノづくりの好きな人にはおすすめです!



詳しい手順はこちらの記事を御覧ください。

目隠し物あてゲーム

箱の中身当てゲームを、箱を使わずにおこなうゲームです。

箱の中身当てゲームは、何かわからないものを触ってそのリアクションを楽しむゲームですが、ここでは実際に触ったものが何かを合ってもらうことに焦点をおきます。

指先の感覚を高めて、普段触っているものがどんな感触かを改めて感じてもらいましょう。

この記事を書いている直前くらいにこのような動画が投稿されました。

【見ても無理】「箱の中身は何だろな?」を激ムズにしてみた結果www

途中から箱を使わずゲームしていますが、このような感じでおこないます。

流石に問題は簡単にしますが・・・。

触ってもらうものは、普段施設内に置いてあるものを使って簡単なものから始めます。

慣れてきたら、職員の手を握ってもらい、誰の手か?を当ててもらうのも面白いかもしれません。
どれだけ職員がユマニチュードを実践しているかが試されます😆

見本で職員がおこなう時に、分かった感触が気持ち悪いものを用意しておくと、実際に利用者様にやっていただく時に、皆様ドキドキ気分を味わってもらえると思います。

また、変顔になるアイマスクを用意しておくと、アイマスクをかけてもらった時の顔を皆様で楽し無事もできますよ!

背中伝言ゲーム

チームに分かれて、それぞれ一列に並び、背中に文字を書いて何という言葉だったのかを最後の人が当てるゲームです。

2~3文字程度のひらがなを書くと、伝わりやすいと思います。


普段は意識しない背中に文字を書かれるということで、集中しつつも盛り上がります。

ええ~?なんて書いたかわからないよ~

などたくさん感想を話してくださり、コミュニケーションが活発になります!

また、伝言ゲームの途中経過を最後に発表してもらうと、全く違う言葉で伝えようとされていたりと、ゲーム自体も予想外の出来事ばかり。

見ている職員も楽しめます!

空気砲ゲーム

ペットボトルやポテトチップスの筒と風船を使って作った空気砲を点数の書かれた的に当てて、得点を競うゲームです。

ペットボトルのそこに穴を開けて、風船をかぶせます。風船を引っ張って空気を押し出すことで、空気の弾を作り出して的に当てます。

すぐに壊れてしまうことが玉に瑕。

ペットボトルの空気砲をしっかりと作っていないとゲームの最中に壊れてしまいました。

また、片麻痺などある人には的に当ててもらうことが難しかったです。

そんなこんなで、改良したのが 空気砲Ver.2 のレクです。

こちらはかなり盛り上がりました。
でんじろう先生が煙を使って空気の弾を出していましたが、煙は難しかったです。

ですが、空気砲で的を当てることがらくになり、更に空気の弾が大きくなったことで的に当てやすくなりました。

男性は力が強いのでとても高得点を叩き出していました!

こちらは大盛りあがり。
空気砲も簡単に作れますので、是非チャレンジしてみてほしいです。楽しいですよ!

うちわ卓球

風船バレーと卓球を組み合わせたようなレクです。

特にルールは決めず、ゆるーく打ち合って楽しむことを目的にしています。

ピンポン玉とラケットの代わりにうちわを使って打ち合います。

ピンポン玉は軽くて小さく、風船ほど緩やかに動くわけではないので、ちょっとした凸凹ですぐに予想外の方向へはねてしまいます。

すぐに反応して打ち返せるかを楽しみます。

うちわをしっかりとピンポン玉のはね方に合わせて持ち方を変えないと、打ち返すことすら難しいです。

広い机ならば、比較的大人数でも行えるので、チームに分けて、勝負にする事もできます。

ピンポン玉をお見合いしたり、二人で打ち返しにいったりと、アクシデントがあるたびにコミュニケーションの機会となり、ワイワイと楽しむことができますよ!

習字で文字絵

習字と文字と絵を組み合わせたレクです。

へのへのもへじなどのように文字を使って絵を書くものを言います。

更に、”笑い文字”という、文字の中に顔を描く方法もあります。


習字道具を使って普通の文字を書くのではなく、絵を組み入れていきます。


「笑顔」 という文字(漢字)ですが、文字の中に顔の絵が描かれています。

パット見た瞬間に、楽しくなったり、気持ちが和らぐような作品ができます。

見本を見て描いたり、自分で好きなデザインを考えたりすることができます。

描く時も楽しく、その後作品を見ることで楽しくなったりと、色々と楽しむことができます。

利用者様にもとても人気でした!

碁石数当てゲーム

碁笥に入った碁石を片手で握り、どれだけ握れたかを、握った人を含めて当てるゲームです。

握る人役も利用者様に担当してもらい、毎回人が変わることで、自分は何個握ることができるのかを実感してもらえる事もできます。

誤差が少ない人が優勝!
ピッタリ賞も作ってみましょう!


人が握った碁石を数えるときは、ちょっと退屈そうですが、自分が握る番になると俄然やる気を出してくださる人が多いです😁

碁石がない時には、おはじきなどで代用しても大丈夫です。

物が小さいほど誤差が生まれやすいので、おはじきのほうが楽しめるかもしれません。

また、昔の道具であることを活かして、コミュニケーションの道具とすることもできます。

ピタリ賞をとった人は結構嬉しそうにされます!

勝負がかかっていると、ピタリ賞が意外と出たりします。正直、職員の方がびっくりしちゃいます。

タオルでお手玉キャッチ

3人で1チームを作り、二人はタオルを持つ役、1人はお手玉を投げる役となり、お手玉を投げて、タオルで受け取るというゲームです。

タオルの動かし方によって、難易度が変化します。

始めは簡単な受け取り方からはじめ、タオルを左右に揺らしたり、ぐるぐる回したりと動きをつけていきます。

お手玉を受け取った数が得点となります。

チーム対抗戦で、一番得点の高かったチームが優勝!

アレンジとして、チーム内で個人戦をしてみてもいいと思います。


初めの方はタオルの動きが単純なので、楽しめないかもしれませんが、難易度を上げていくと、色々と投げ方や受け取り方を工夫していく楽しさがあります。

チーム対抗線で行うと、それぞれ打ち合わせをする人も出てきてチームの一体感を高めることにもなります。

割としっかりとした人が多いデイサービスでのほうが盛り上がるかもしれません。

最後に

指先を使うレクの中にも、アクティブに動くものから、静的にモノづくりをじっくり楽しむものまでバラエティがあったと思います。

一つの目的を作るにしても色々なアプローチ方法があります。
飽きの来ないようにこれからも面白いことがあったら取り入れていこうと思います。

他にも体を使うレクや頭を使うレクのまとめをしています。
こちらも参考にしてもらえたら嬉しいです。


レクをする時には、きちんと目的を決めてその効果を先に説明することで、参加意欲や効果自体を高めることができます。

利用者様のデイに来られる目的をしっかり把握して、利用者様の目標達成に貢献できることを応援しています。

さあ、今日もレッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました