【絵と文字の組み合わせ】習字で文字絵!【かわいい】

手先を使うレク

こんにちは~!かもめです。
このサイトを見つけてくださってありがとうございます。

今回紹介するのは ”文字絵” です。


文字と絵を組み合わせて、見た目瞬間に楽しくなるようなデザインをしているので、女性に人気です!

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

文字絵とは?

文字を使って、絵を作るアートです。

古くから言われている 「へのへのもへじ」 を思い浮かべてもらうとわかりやすいと思います。

それを進化発展させて、色々な文字をデザインしたものが多くあります。

自分独自の絵を作り上げることもできそうですよ!


今回は、文字絵の範囲を外れていますが、「笑い文字」 も取り入れてみました。

「笑い文字」 は 一般社団法人笑い文字普及協会様 が普及している 笑顔 と 文字 を組み合わせた筆文字です。

習字道具を使って、字を書くのですが、文字の一部分を使って笑顔を描いたり、丸く描いた部分に笑顔を描いていきます。

例として、今回実際に描いた文字はこちらです。


「笑顔」 という漢字ですが、そのとおり笑顔も含めて表現しています。
パット見た瞬間にゆる~い顔の部分が目に入り、思わず見ている人も笑顔になります。


とっても素敵なデザインの文字です!!!
(かもめが描いた文字は下手かもしれませんが・・・💦)

実際に利用者様に描いてもらった所、見た目の可愛さと、笑顔と文字を組み合わせた斬新さから喜ばれました!

メリット

文字絵には以下のようなメリットがあります。

  • 作品が可愛い
  • 自分なりの作品を考えるのが楽しい
  • 女性に興味を持ってもらいやすい
  • バランスのとれた文字を書くために考えることで脳トレ効果
  • 新しいことに触れた楽しさがある
  • 文字を見たり描いたり、お互いの文字を見合ったりしてコミュニケーションが図れる
  • 子供の頃の書道の思い出などを話してもらう切っ掛けになる

注意点・デメリット

以下の点に注意して行います。

  • 習字の墨を使うので服につかないようにエプロンなどを使用してもらう
  • 片麻痺のある人には描きやすい文字を描いてもらえるよう、複数の文字を用意する
  • 上手くかけなくても個性と伝える
  • 書道などが好きでない人には、その人に合わせた過ごし方をしてもらう

文字絵を描いてみよう!

ネットなどに、参考となる文字絵が載っています。
参考例として、利用者様に見てもらい、そこから自由に想像して描いてもらいます。

時間・人数の目安

30分程度 ・ 1~20人くらいを想定しています。

準備物

  • 書道道具 : 人数分
     *硯・筆・墨汁(墨)・文鎮・半紙・下敷き・新聞紙など
  • 見本の文字絵 : 数種類
     *可愛いものを数種類用意して、ホワイトボードに拡大印刷して貼り付けておくと利用者様全員から見えやすいです。
  • ホワイトボード : 1枚
     *説明用、見本貼り付け用、作品貼り付け用

やり方

① 利用者様に机についてもらい、書道道具を用意してもらいます!

② 今から書道で ”文字絵(笑い文字)” を書くことを伝えて、文字絵がどんなものなのか? をホワイトボードに貼り付けた見本を使って説明します。

  • 習字道具を使って文字を書きます
  • 書く文字は顔の絵を含んだ文字です
  • それ以外はどんな文字を描いてもいいです
  • 見本としてホワイトボードに描いている文字を、まず練習で描きます
  • 後は自分の心の赴くままに描いていきます
  • 最後に各人が自分で気に入った作品を展示します


③ 職員が見本として描いてみます。

簡単な作品で、自分らしさを表現したものを書くと、利用者様にどんな作品を描いてもいい事が伝わりやすいです。

④ 実際に利用者様に文字絵を描いてもらいます。

見本のままを書いてもらっても良いし、それぞれの個性のままに描きたいものを描いてもらってもいいし、普通の書道として描いてもらってもいいです。

⑤ それぞれ気に入る作品ができあがったら、展示用の作品を選んでもらいます。

ホワイトボードに貼りつけて、みんなでお互いの作品を見合い、簡易的な品評会をしてみましょう!

批判は無しで、良いところを褒め合います。

⑥ 他の利用者様の作品を見て、真似て描きたいという人がいたら、少し時間をとって、他の人の作品も真似してもらいましょう!

同じ作品を書くつもりでも、一人ひとり味わいが違う作品となり、職員が見ていても楽しめます。

⑦ 最後に満足の行くものができたら片付けをしてもらいます。

肩の力を抜くために、深呼吸や軽いストレッチをしてもらいましょう。

数十秒、目を閉じて休憩してもらっても大丈夫です!

利用者様の反応は?

皆様楽しまれていました!

同時に、きちんとした書道をされている人もいて、自分の書きたいものを自由に描く時間となりました。

今回は ”笑い文字” を見本として紹介し、そこから笑顔を入れた文字を描いてもらっていたので、特にホワイトボードに貼った時、笑顔が溢れる作品ばかりとなりました!


その後、作品が乾燥してから、壁に展示させてもらいました!

どの作品も楽しそうな笑顔を向けていて、見ている方も思わずニッコリしてしまいます。

それまではちょっと寂しかった壁の展示コーナーでしたが、

笑い文字の作品を飾ると、一気に明るくなりました!
(白と黒しかないのに本当に明るい感じがします)


帰る前に当日の振り返りをしましたが、その時にも楽しかったと言う感想を出してもらえました!


翌日、文字絵をしていない利用者様も含めて、再び利用者様同士でお互いの作品について話し合っている時間もありました。

描いた人だけでなく、見ている人も、とても楽んだり、喜んだりしてもらえたみたいです!

最後に

人の笑顔って、とっても力を持っていますね!

利用者様の笑顔から、文字絵が生まれ、文字絵から利用者様に笑顔が還っていく!という感じがしました。

もちろん、その過程では職員も巻き込んで笑顔にしていきます!

もう少しで、今年も終わりとなります。

「笑う門には福来たる!」


笑顔のチカラで、忙しい年末年始を乗り切っていきましょう!


さあ、レッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました