コンセンサスゲームでコミュニケーション脳トレ!【NASAゲーム】

頭を使うレク

こんにちは~!かもめです。
このサイトを見つけてくださってありがとうございます。

今回紹介するのは ”コンセンサスゲーム” です。

その中でも “NASAゲーム” というレクをしてみました。

話し合いで、できるだけ良い結果を得られるようにチームで一つの結果を出していくゲームです。

普通に1人でやるよりも楽しいですよ。

では、行ってみましょう。

スポンサーリンク

コンセンサスゲーム(NASAゲーム)とは?

コンセンサスゲームとは、チームで話し合いを行い、全員で一つの結論を出すことを目的としたコンセンサス(合意形成)を行うゲームです。

一つの結果を導き出すのに多数決ではなく話し合いでみんなが納得する答えを導き出します。

新入社員研修などでも取り入れられる事があり、コミュニケーションが大切になるゲームです。

その中の一つがNASAゲームです。

NASAゲームの概要は以下のとおりです。

あなたは宇宙飛行士で、あなたの載った宇宙船は故障により月に不時着しました。
月面には母船が待っているのですが、300km離れたところにあります。

不時着時に衝撃で宇宙船のほとんど壊れて使用不可能となりましたが、次の15個のアイテムは奇跡的に完全なまま残っていました。

母船に帰るために重要なアイテムを優先度の高い順に決めることになりましたが、はじめに個人で考えてから、全員で話し合うことにしました。

母船にたどり着くために15個のアイテムを重要度の高い順番に1~15まで順位をつけてください。

【15個のアイテム】

・マッチの入った箱
・宇宙食
・ナイロン製ロープ(15m)
・パラシュート
・ソーラー発電の携帯用ヒーター
・45口径ピストル
・粉ミルク(一箱)
・酸素ボンベ45kg(2本)
・月から見た星座表
・救命ボート
・磁石コンパス
・水(19リットル)
・信号用照明弾
・注射器入りの救急箱
・ソーラー発電式FM送受信機

4~6人位の小グループに分かれて、まずは1人で考えてから全員で答えをすり合わせていきます。

このゲームでは模範解答が用意されていて、NASAが出した回答に一番近いチームが優勝となります。

実際に考えてみてください!

【NASAの出した回答】

1位 酸素ボンベ45kg(2本) これがないと生きていけません
2位 水(19リットル) 食料はなくても10日位持ちますが、水がないと数日で正確な判断ができなくなります
3位 月から見た星座表 見当違いの方向に行かないために必要です
4位 宇宙食 体力維持のため食べ物は必要です
5位 ソーラー発電式FM送受信機 母船から20kmまで近づくと使えます
6位 ナイロン製ロープ(15m) 空気がないと音が伝わらないです。誰かがはぐれないため握って歩きます
7位 注射器入りの救急箱 宇宙服には注射用の穴があるようです 緊急時用
8位 パラシュート 大気がないと紫外線が直接降り注ぎます 太陽光の日除けに
9位 救命ボート 荷物を運んだりします
10位 信号用照明弾 母船が見えた時に使用します
11位 45口径ピストル ハンマー代わりや、ロープとつないで投げ縄のおもり代わりに
12位 粉ミルク(一箱) 道順をつけることで、万一迷った時の対処に
13位 ソーラー発電の携帯用ヒーター 部品が沢山あるので、なにかに使えるかも
14位 磁石コンパス 月では磁石は役に立ちません 金属部分がなにかに使えるかも
15位 マッチの入った箱 大気がないので燃えません 役に立ちません


チームで出した順位とNASAの模範解答の順位の差をポイントとして出し、誤差(ポイント)が少ないチームが優勝です!

あなたの結果はどうでしたでしょうか?

ちなみに、

24点以下 ・・・ 優秀です。NASAレベル!

40点以下 ・・・ 宇宙飛行士候補!

56点以下 ・・・ 標準的~もう少し勉強が必要かも!?

72点以下 ・・・ 中学校の理科の教科書をおさらいしましょう!

74点以上 ・・・ 月には行かないほうが無難です・・・


参考・引用 あなたの宇宙飛行士適性チェック!

メリット

”コンセンサスゲーム” には以下のようなメリットがあります。

  • みんなで話し合うことによりコミュニケーションを図ることができます
  • 遭遇したことのない危機に対して考える切っ掛けになります
  • 考えることに対して脳トレ効果になります
  • チームで一つの考えを出すため一体感を得られやすいです
  • 座ったままでもできるので片麻痺などのある人も参加しやすいです

注意点・デメリット

以下の点に注意して行います。

  • 判断力の落ちている人には順位が決めにくいです。職員が一緒になって考えます
  • チーム内で考えがまとまらない時には職員がフォローに入ります
  • 考え方の違いによって、意見の対立にならないようにフォローに入ります
  • 時間がかかるので、疲れすぎないように適度に休憩をはさみます
  • やりたくない人には無理強いせずに、その人にあった過ごし方をしてもらいます

コンセンサスゲーム(NASAゲーム)をやってみよう!

時間・人数の目安

1時間~1時間半程度 ・ 4~20人位を想定しています。
 *4~6人でチームを作ります。

準備物

  • ホワイトボード : 1枚
     *ルール説明用 回答用
  • 紙 : 人数分
  • ペンなど筆記用具 : 人数分

やり方

① 利用者様にテーブルに付いてもらうように声をかけます。

集まってもらったら、4~6人ずつのチーム(グループ)に分かれてもらいます。
紙と鉛筆を人数分配ります。

② 今から ”NASAゲーム” をすることを伝えて、ルール説明をしよう!

  • チームに分かれておこないます
  • 始めに一人ひとり自分の考えを紙に書いて、順位をつけていきます(10分くらい)
  • 自分の考えがまとまったら、グループの人と回答を見せ合い、お互いの考えを発表して、NASAの回答に近づけるために、良い考え方の意見を取り入れてお互いに納得できる答えにしていきます(15分くらい)
  • それぞれのグループで発表をします
  • NASAの模範解答を発表します
  • それぞれがつけた順位との差をポイントにして、何ポイントになったのかを出します
  • 一番ポイントが少なかったグループが優勝!
  • 個人でのポイントも出してみましょう!

③ ホワイトボードに15個のアイテムを書いていき、見本として途中まで、職員個人の考えで、どのように順位をつけるかを書いていきます!

④ 実際に利用者様に考えてもらいましょう!


それぞれ個人で考えがかたまったら、グループ内でどうだったかを発表して、より良い答えにたどり着くように話し合います。

職員もスムーズに話し合ってもらえるようにフォローに入ります。

⑤ ある程度時間を決めて、話し合いを終わらせてもらうようにして、グループとしての順位を、順番に発表してもらいます。

その後、NASAの模範解答を発表して、順位の差をポイントとして出します。

例えば 水は模範解答では 2位 ですが、5位に挙げていたとすると、
 5-2 = 3 
となり、3ポイントが入ります。

15のアイテム全てに順位の差を計算してポイントに置き換え、ポイントの合計を出します。

ポイントの合計が少ないほど、誤差が少なかったことになります。

ポイントが一番少ないグループが優勝です。

⑥ 各グループの中の何人かに難しかった点などをインタビューしてみます。

⑦ 最後にクールダウンとして、深呼吸をしたり、ストレッチやマッサージをしてみましょう!

水分補給もお忘れなく!

利用者様の反応は?

比較的しっかりとした人には結構楽しんでもらえたみたいです。
実際には遭遇することのない出来事なので、気軽に考えつつ、正解を知って「なるほど~」と、納得されていました。


考えてもらっている途中でも、

「磁石は月では使えるんかな?」

と、核心をついた独り言も聞こえてきます。
純粋にすごい!と感じました。



一方で、考える力が弱くなっている人には、とても難しかったようです。

どんなものでもいいから選んでみたら?と伝えるも、全く選ぶことができなくて、固まっていらっしゃる人も・・・。

大失敗でした。

話し合いのときにも、あまり盛り上がらずに終わり、ほぼ個人で行った形となってしまいました。


もう少し、職員のフォローと問題を簡単にしたバージョンを作ったほうが良かったと感じました。

実際にデイサービスなどで取り入れる時には、選ぶアイテムは7~10個くらいに抑えておいたほうが良いと思います。

最後に

正解があると、間違えることが怖くなることや、選択肢が多いと逆に選ぶことができなくなる! ということが実感できた体験でした。

気をつけないと、利用者様の尊厳を傷つけることになります!
注意して行わなければならないと感じました。


デイサービスのレクリエーションとしては難しかったですが、普通のゲームとしては楽しいものなので、普通の友達同士のレクリエーションとしては楽しめるのではないかと思います。

相手の言うことを否定するのではなく、お互い納得できるような結論を導き出すのが、コンセンサスゲームです。

お互いの考え方や、意外と深い知識などを知る切っ掛けになります。

ここで知ったことをキッカケに、誰かとやってみてはいかがでしょうか?

さあ、レッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました