【お手軽簡単】プラバンキーホルダーづくり【工夫次第でタダで出来る!】

手先を使うレク

こんにちは~!かもめです。

このサイトを見つけてくださってありがとうございます。

今回紹介するレクリエーションは、 ”プラバンづくり” です。

百均にあるプラバン用のシートで作るのが一般的ですが、
日常的に買っている(かもしれない)ものの一部を使って作ることもできます!

さて、その日常的に買っているものとは一体何でしょうか?

答え合わせとともに、作り方紹介に行ってみましょう!

スポンサーリンク

プラバンづくりって?

プラバンづくりとは、プラバン用のシートに絵を描いて、適度な大きさに切り取り、オーブントースターなどで熱を加え縮ませることで、キーホルダーのようなものを作ることです。

プラバン用のシートは百均に売っていますし、プラスチックの透明の素材(お弁当やお惣菜の蓋)でも作ることができます。 
 ↑     
これが日常的に買っているかもしれないものの正体でした!

紐などを付けて、かばんや通所ノートを入れる袋に取り付けてみると、可愛いだけでなく便利グッズにもなりますよ。
柄によっては、アクセサリーにもなるかもしれません!



お弁当の蓋を使うときの注意点は、PSと書かれている素材を使うことです!

どんな素材でも作れるわけではないので、気をつけてください。


プラバンに書く絵はダウンロードしてきた絵やイラストの本、チラシなどに使われている絵などを使います。
絵の得意な人には、好きな絵を描いてもらったら、その人の個性が活かされると思います。

そして、実際に作って見たものに、糸やストラップ紐をつけてかばんに飾ってみると、
作ったものが役に立っている! という実感が持てますよ~。

プラバンの作り方

ここからは、実際の作り方を動画・写真を交えて紹介していきます!
動画は、かもめが参考にさせてもらったものを載せさせて頂いています。

写真の方は、実際にかもめが作ったものです。

作り方自体は簡単なので、自分のおしゃれな小物としても作ってみませんか?

動画で作り方を見たい方はこちら

科学クラブチャンネル様より 

こちらの動画では、トースターを使っていましたが、エンボスヒーターでも縮んでいきます。
トースターよりも、縮んでいく様子が机の上ではっきりと分かるので、利用者様の反応も大きくなりやすいと思います!(かもめは、エンボスヒーター(後述)を使って作りました)

ここからは、写真を使っての紹介をしていきます。

描きたい絵を探す

イラストAC様より シマエナガの検索結果の一部

*インターネットや、イラストの本などを利用してプラバンキーホルダーにしたい絵を探してきます。
 ☆無料でイラストをダウンロード出来る いらすとや さんや イラストAC さんのサイトがおすすめです!

*プラバンに転写しやすいようにプリントアウトした絵を適度な大きさに切っておくといいと思います。

*今回は上の写真の下の列中央の絵をお借りしてプラバンを作っていきます。

余談ですが‥‥‥。

最近百均でペーパーカッターを見つけたのですが、とても便利なので紹介します!

ダイソーの商品なのですが、330円(税込み)で売られていました。

画用紙を切ったり、裏紙を切ったり、折り紙を切ったりととても大活躍しています(10枚くらい同時に切れるので、輪っかつづりを作るときに便利です♡)

百均にしては330円と少し高いのですが、便利さから考えるとコスパがいいので、百均に寄った際には購入検討をしてみませんか!

上の写真は購入した実物です!!!  紙を挟んで右側の取っ手を上下にスライドするだけで簡単に・綺麗に紙が切れます!! 超おすすめ!!

プラバンシートを用意する

百均のものには、蓄光するプラバンもありました
PS 表記の蓋を平らな部分のみ切り取ったものです

百円均一などで買ったシートは大きめサイズなので、二分の一の大きさにカットしておくと、絵を描きやすいです。

*お弁当や惣菜の蓋にシールが貼ってあるものは、きれいに剥がしておきます。
 百均にあるシールはがしスプレーを使うと綺麗にはがせますよ!

 シールはがしスプレー 
110円で売っています!


*シールを剥がしたら、平らな面だけ切っておきます。

注意点

プラスチック素材(お弁当の蓋など)には、プラバンづくりに使えるものと使えないものがあります!!!

*素材の表記で ”PS” と書いているものを選びましょう!!!
 PET や PP と表記されているものは縮まないし、厚みも出ません。


この表記のものは大丈夫です!
見えにくいですが PS とあるのでOK!
これは PS と書いてないので❌です
他にも PET や PP とあるのも❌

PP や PET と書いてあるものを使っても、縮まない代わりに、色が白く変化します。

そちらの方が好みのならば作ってみてもいいと思いますが、形が歪みやすいという欠点があります。

シートに絵を書いていく

プリントアウトした絵の上に蓋を乗せ、テープで固定します
油性ペンで絵をなぞります

*下絵の上に、シートをテープで貼り付けると、下絵がズレなくてきれいに描けます。

*画材は油性ペンがおすすめです。 水性のペンにすると擦れて色落ちしやすかったり絵が汚くなったりします。

*プラバンは縮めたあとで色が濃くなるため、少々薄いかな?と感じる着色具合でも大丈夫です。


絵に合わせて形を切り、穴をあける

今回は丸く切り取りました
上の方にパンチで穴を開けます 
一つ穴パンチがあると便利!

*書いた絵に合わせて形を切ります。 はじめに切っておいてその範囲内で絵を書いてもらっても大丈夫です。

*穴あけパンチを使って紐やチェーンを通す穴を開けておきます。

熱を加えて縮める

オーブントースターを使う場合

クッキングシートの上に乗せます
熱したオーブントースターの中に入れると次第にぐにゃぐにゃになっていきます!
しばらくするとまた平面に戻るので放置!
縮みきったら平らな台の上などにおいて、上からもう一枚クッキングペーパーを置きます

更に本など重みのあるものを乗せて、冷えて形が定まるまで待ちます
ちなみに”おはよう21”はとてもおすすめの介護雑誌です!

冷えたら完成! 穴の大きさも小さくなって、見えにくいですね(^^;)
”PS”以外の素材で作ると
右のように白くなり、
縮まりません。
さらには折れたまま固まってしまった💦

クッキングシート・重しとなる本を用意しておきます

②クッキングシートを広げて、その上にプラバンをのせ、予め熱したオーブントースターの中に入れます

縮んでいくのを確認し、これ以上縮まなくなったらクッキングシートごと取り出し、平らな場所に置きます
 *やけどの危険性があるので職員が行ったほうが良いと思います!

④もう一枚のクッキングシートをのせ、更に上から本を乗せてプラバンを平らにして冷めるまで待ちます

⑤冷えたら触って大丈夫です! 

エンボスヒーターを使う場合

エンボスヒーターって何?

エンボスヒーターとは、ドライヤーのように熱風が出る機械です。

ドライヤーよりも、風が弱くて温度が高いことが特徴です。

本来は、エンボス加工するための道具のようですが、レジンなどの気泡抜きに使われることもあります。

とても熱い風が吹いてくるため人に向かって風を当てないように注意が必要です。

エンボスヒーター

①竹串を用意してプラバンに開けた穴に通して、プラバンが飛んでいかないようにします

②エンボスヒーターをつけて熱風を当ててプラバンを縮めます
 *机の上において風を当てると歪みが少なくなります

③縮んだらクッキングペーパーを素早く上において、更に本などの重しをおいて冷めるまで待ちます

④冷えたら完成!触って大丈夫です

紐やチェーンを通してキーホルダーに

ストラップ紐も、ボールチェーンも、リリアン紐も百均に売っています!
百均は神様のような存在です!!!
紐を通して完成です!
バッグにストラップをつけてみました!

*お好みに応じて、紐やストラップ紐、チェーンなどをつけて、かばんなどに飾ってみてください!

完成!

みんなで作品を見せ合いっこしてみましょう!

その他アレンジ

エンボスヒーターも、オーブントースターも、オーブン付き電子レンジも施設にないよ~!という方は、ホットプレートなどでも出来るようです。

クッキングペーパーでプラバンシートを挟んで蓋をして、均等に熱が行き渡ると縮んでくれるようです。

実際にかもめは試していないので、絶対とは言えませんがどうしても道具がないときには試してみても良いかも




今回は、油性ペンで色を付けましたが、他にも絵を描く方法はあります。

例えば、セリアで売っているフロストタイプのプラバンシートや、ヤスリがけしたプラバンシートを使うと、色鉛筆やパステルで絵を描くことができるようになり、作品の幅が広がります。


他にも、コンビニ印刷した下絵をフロストタイプのプラバンに当て、除光液をふりかけてクリアファイルではさみ、こすることで印刷をプラバンに転写する方法があります。

更にプラバンにヘアスプレーを吹きかけて、A4用紙にテープで貼り、そこにプリンターで印刷することで下絵を自分で描くことなく作ることもできます 。
(ただし、プリンターが詰まったり壊れる可能性もあります!)


利用者様に作ってもらうためではなく、自分の趣味として小物作りをしたい人には挑戦してみることをおすすめします!



同じプラバンでも、何も絵を描いていないプラバンを縮めたあと、マニキュアなどで装飾しブローチやネックレスにアレンジすることもできます。

プラバンにマニキュアなどで装飾したもの。レジンでコーティングもしています!



プラバンを作ってみよう!

スケール

実際に利用者様に作ってもらってのかもめの評価をつけてみました!(5段階評価)

材料費 : ★★★
   *プラバンシートを購入するならば少しお金がかかります。
   *その他オーブントースターが施設にないと
   エンボスヒーターなど購入する必要があります。

準備の大変さ : ★★★
   *お弁当の蓋を利用するのに、シールなど貼ってあったら
    剥がさなければいけなくなります。

実際に行う難しさ : ★★
   *シートの下に絵をおいて、なぞってもらうだけなので
    簡単にできると思います。
   *トースターを使用すると、複数個同時に縮めることができて時間もかかりません。

利用者様の好評度 : ★★★★
   *縮んでいくところを楽しそうに見られていました。
   *できたものを喜んで頂くには、利用者様の好みの絵を
    見つけてくるのが必要かも(^^;)

時間・人数の目安

1時間~1時間半程度 ・ 材料があれば何人でも(一応3~20人くらいを想定しています)

準備物

  • プラバンシート : 人数分
    *お弁当の蓋を使用する場合は ”PS” と書かれたものを使用してください
    *百均でもプラバン用のシートは売っています!
  • 油性ペン : 人数分
    *絵を書くために必要になります。人数によって1~4セットくらいあればいいかな?
  • 穴あけパンチ
    *ストラップのように紐を通す為に穴を開けたいとき用です。
  • オーブントースター または エンボスヒーター
    *プラバンを縮めるときに使用します。
  • クッキングシート
    *プラバンをトースターで縮めるときに使用します。
  • 竹串 
    *エンボスヒーターを使って縮めるときに使用します。
  • 下絵 : 人数分 +α
    *パソコンなどから予めプリントアウトしておきます。
    *プラバンの大きさに合わせて絵の大きさも調整しておきます。
    *絵の得意な人には必要ないかも?!
  • 紐 : 必要分
    *ストラップのように使いたい人には紐を通します。
    *百円均一のダイソーに売ってある、リリアンをおすすめします!

利用者様の反応は?



最終的に一番楽しんでいたのは、プラバンが縮んでいる瞬間でした!


突然プラバンシートがぐにゃりと曲がっていって、せっかく書いた絵が駄目になってしまうんじゃないかという不安が襲ってくるのだと思います。たぶん‥‥‥。
(かもめも初めて作ったときに 「失敗した~」 と思っちゃいました)

でも次第に形が落ち着いてくると、ちょっと安心した表情で、完成を喜ばれました。

完成した作品をかばんにつけてくれている利用者様もいらっしゃいました!

積極的に取り組んでもらうためのポイントは、絵の準備だと感じました。

利用者様の好きな絵を事前に聞いて用意しておくと意欲的に取り組んでもらえます!
(例えば野球好きな人には、好きな球団のロゴマークだったり、花が好きな利用者様だったら、お花のイラストだったり)

普段触れることのない科学実験のような面白さを感じられるのも楽しいポイントだと思います。



はじめは戸惑っていたり、絵を書くことに抵抗のある利用者様もいらっしゃいましたが、一度描き始めると楽しそうに作業をしてくださいました。


下絵があると、なぞるだけで絵が完成します。
ただし、下絵を取り除いたあとで塗り残しがないか確認してみてください!

メリット

プラバンキーホルダーづくりには以下のようなメリットがあります

  • 好きな絵でキーホルダー作りができれば、積極的に参加してもらいやすい
  • 簡単に作れるので、誰でも参加してもらいやすい
  • プラバンの縮んでいく様子を楽しんでもらいやすい
  • お互いの作品を相談したり、完成品を見合ったりしてコミュニケーションの促進になる

注意点

以下の点に注意して行います

  • トースターなど高熱になるものを扱うのでやけどに注意する
  • ハサミなどを使うため、怪我に注意する
  • 片麻痺などある人には、絵を描いてもらいやすいようにフォローをする
  • 完成品が多少歪んでいても、個性であることを伝える
  • やりたくない人には無理強いせずに、見学などその人にあった過ごし方をしてもらう

最後に

普段見慣れないものには、ついつい興味を持ってしまいますよね!

今回のプラバンづくりでは、プラスチックの加熱で変化していく様子を楽しんでもらえました。



いくつになっても、子供心は失っていません
心はいつだって若々しく在りたい!!

そのためにはワクワクする体験を!


さあ、レッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました