【丸めて蹴って】新聞キックカーリング【うまく行かない!】

手先を使うレク

こんにちは~!かもめです。

このサイトを見つけてくださってありがとうございます。



今回紹介するレクは ”新聞キックカーリング” です。

新聞と模造紙があれば、簡単にできます!

さらに‥‥‥

アレンジとして、ボーリングにも応用できますよ!


やり方は簡単だけど、なかなか思い通りに行かなくて
ゲームとしては挑戦しごたえがあります!



それでは具体的な紹介に行ってみましょう!

スポンサーリンク

新聞キックカーリング って?

新聞キックカーリングとは‥‥‥



新聞を丸めてボールにして、

そのボールを蹴ることでカーリングをしよう!



というゲームです。



新聞を丸めてボールにするところがミソです!!

利用者様に作ってもらうと、

どんなボールにしたらうまく転がるか
考えてもらえるかも!?


そして‥‥‥

準備物がほとんどいらず、簡単にできるのもいいところ!


こっそりと‥‥‥。 職員の立場から言って

ものづくりとゲームとでダブルで時間を潰せることができる!!!

ああ、言ってしまった!!!



こんな考え方してたらダメかも知れませんが、

毎日のレクリエーションを考えるのも大変なのです!!


だから、利用者様も楽しみつつ、職員も楽にできるレクリエーションはとっても大事!

ということで次は具体的な進め方です!!

新聞キックカーリングをやってみよう!

総評

実際に利用者様に遊んでもらっての評価をつけてみました!(5段階評価)

材料費 : ★
   *新聞紙と養生テープ・模造紙があれば大丈夫です

準備の簡単さ : ★
   *レクの中で新聞紙をボールの形にしてもらいます
   *模造紙に、カーリングのように丸を3~5重に書いておきます
    点数も入れておくとわかりやすいです

実際に行う難しさ : ★★
   *新聞紙をきれいに丸めていないと、カーリングで思い通りの場所に行きにくいです
   *ボールが思い通りに行かないとゲームとして成り立ちにくくなります
   *作ること自体や、カーリング自体は簡単にできます

利用者様の好評度 : ★★★★
   *難しかったら皆さま集中して取り組まれます
   *うまく行ったら盛り上がります!

時間・人数の目安

ボールづくり : 10~20分程度  ・  カーリング : 20~40分程

4~15人位を想定しています

準備物

  • 新聞紙 : 人数による 
    1つボールを作るのに新聞紙 2~3枚使います
    数人のグループで1つボールを作ってもらっても良いと思います
    *その時には、新聞を丸める人と、テープを用意する人に分かれてもらいます
    ボールの数は2~4個あれば大丈夫です

  • 養生テープ : 1~2個
    *ボールを作る時に使います
    色のついた養生テープを使うと、ボールが見えやすいです

  • 模造紙 : 1枚
    カーリングのような模様をあらかじめ書いておきます
    *丸は 3~5 個くらいがいいと思います
    *点数も入れておくとわかりやすいです

  • ホワイトボード : 1枚
    *ルール説明用 & 得点管理用です

やり方

新聞・養生テープなどをテーブルの上に置いて準備をします




今から ”新聞でボールづくり” をすることを伝えて、作り方を説明します!

  • 新聞をクシャクシャに丸めます
  • 1枚めをくしゃくしゃに丸めたら、2枚めは巻きつけるように重ねていきます
  • ボールが小さいようなら、もう一枚重ねます
  • できるだけ球体に近づけるようにボールの形を整えます
  • 養生テープを20cm位づつにちぎり、新聞紙に貼っていくことで形を固定します
  • 新聞紙が見えなくなるまでテープを貼ったら完成です!



ボールが完成したら ”キックカーリング” をすることを伝えて、広い場所に誘導します。


レーンとなる場所を作り、片方に椅子一脚 、もう片方に模様を書いた模造を置きます。

レーンのを囲むように利用者様に座ってもらいます。




はじめにルール説明をします。

  • レーン前の椅子に座った人は、ボールを1つづつ蹴っていきま
  • 1回の挑戦に付き ボールを2~4個 蹴ります
  • 丸の中にボールが入ったら、その丸に相当する得点が入ります
  • 一度ボールが丸の中に入っても、次に投げたボールがあたって弾き飛ばされたら得点になりません
  • ボールを投げ終わって最後に丸の中に残っていたボール分だけ得点となります
  • 実際のカーリングとは違って、個人戦で行います
  • 交互に投げるのではなく、一人で数個ボールを投げてどれだけ丸の中にボールを入れられたかを競います
  • 3~4回くらい挑戦してもらって、合計得点を競いましょう!


説明が終わったら、はじめに職員が見本に蹴ってみます!


椅子に座って、1つづつボールを蹴っていきます!
でも‥‥‥


意外と難しくてまっすぐ転がっていきません!



ただし、うまく行かないほうが利用者様は喜んでもらえます!

            

     ( ̄ー ̄)ニヤリ



ちなみに、先に蹴ったボールに後で蹴ったボールがぶつかり、途中で止まってしまうこともありました!

もう一度いいます。

難しいです!!!




ここから、実際にゲームをしていきます

一人づつ、レーン前の椅子に移動してもらい、ボールを蹴ってもらいましょう!


難しいので、あまりに得点につながらないようなときは‥‥‥


模造紙と椅子との距離を短くして、得点しやすいように工夫をしましょう!

うまく得点できたら盛り上がり、変な場所へボールが飛んでいっても盛り上がります!



一人づつ、1回のチャレンジが終わるごとに得点を集計していきます!
ホワイトボードに記入していきましょう!




参加している人数予定している時間にもよりますが、

一人3~4回位チャレンジしてもらったらゲームを終了します!




ゲームを終了したら、結果発表します。

数回のチャレンジで一番多く得点した人が優勝です!

みんなで拍手をしてたたえましょう!
そして、

どんな点を工夫したらうまく蹴られたのか


などをインタビューしてみましょう!


また、優勝者以外にも


珍プレー好プレーのあった人


振り返りインタビュー盛り上がる工夫をしてみましょう!




最後にクールダウンに、ストレッチをしてみましょう!

盛り上がったあとは、疲れてしまいやすいです


まったりする時間をとったり、水分補給もしてみましょう!



アレンジ方法

ボーリング

アレンジ方法として、ボーリングをするのもおすすめです。


ペットボトルを使ってピンの代わりにすると費用も抑えられます。

自作のボールはとにかく変な動きをするので


とんでもないところに行きやすい


ですが、その分狙ったところに投げられる嬉しさ倍増!盛り上がります!

利用者様の反応は?

ボールを作るところから盛り上がっていました!

お互いに作ったボールを見せ合って、ワイワイガヤガヤ。

感想大会が開催された状態でした☆



今回ゲームが難しかったのは、

ボールの形がだいぶん個性的だった

ことが原因だと思います!



つまり‥‥‥

いろいろな形のボールが出来上がった

ということ。



ボールのでき上がり具合に関して、喧々諤々でした。



ゲーム中も、上手く行ったり行かなかったり。


その度に

うわー!!


とか、

あーーー!!

などの、歓声(奇声?!)が上がっていました。


でも、なんだかんだいって皆さま楽しそうに過ごされました!!


ちなみに今回ボールを作るのに緑色の養生テープを使いました。

おかげで‥‥‥


出来上がったボールを遠目で見ると、キャベツそっくり!!


ボールたちの愛称は ”きゃべつ” となりました♪

メリット

新聞キックカーリングには、以下のようなメリットがあります。

  • ボールを作ることで指先の運動になる
  • ボールを蹴ることで足の運動になる
  • どこにボールを蹴ったらよいかを考えることで、脳トレ効果がある
  • 立ったり座ったりすることで運動効果がある
  • おしゃべりしながらボールを作ったり、ゲームに参加することでコミュニケーションの促進になる


注意点

以下の点に注意して行います。

  • 転倒・転落の無いように見守り・付き添いを行う
  • 片麻痺などのある方には、フォローを行う
  • ボールの形がある程度きれいになるために、職員がフォローする
  • ボールがあまりにも上手く転がらないときには、椅子と的との距離を調整する
  • 参加したくない人には無理強いしない

最後に

アレンジバージョンとして紹介したボーリングも実際に行ってみました!


こちらは手で転がしてもらいましたが、やはり上手く転がらない💦


それでも、上手く行かないことを皆さま楽しんでおられました!

中には、転がすのではなく直接ピンに向かって投げ始める方も (・・;)

上手く行かないからこそ、工夫のしがいもあるってことですね


一度作って、二度楽しめる新聞キックカーリング!

是非チャレンジしてみませんか?

さあ、レッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました