レクリエーションに困っているデイ職員に役立つサイト10選&書籍5選!!

介護士お役立ち情報

今回はかもめ自身がレクリエーションのネタに困った時にお世話になったサイトの紹介です。

かもめはデイサービスに勤め始めて4ヶ月目の、レクリエーションに関してはまだまだヒヨコにすらなれていない介護士の卵です。

いつか殻を破ってレクリエーションのプロと言われる存在になりたいし、独自のレクリエーションをたくさん考案していきたいと思っています。

その夢を叶えるためにこのブログを立ち上げることで沢山勉強することを自分に課しています。



ですが、コロナ禍の現在では勉強のための講習に参加することもままならず、他の施設に見学に行くことも遠慮中のため、勉強の場は書籍やネット上の情報となります。


そこで、かもめのようにレクネタに困っている人向けにレクの紹介サイトをまとめてみました。


有名なサイトから、かもめが見ていいなぁと思ったサイトなど独自のセンスで選んでいます。

10選という枠の中なので、あの有名なサイトが出ていないぞ!ということがあってるかもしれません。

そこは、生ぬるい目で見ていただければと思います。

スポンサーリンク

レクリエーションの準備する時によく使うサイト10選

レクリエーションのネタに困っている時に真っ先にする事はネットで検索することだと思います。

インターネットの普及していない時にはどうやってレクリエーション案を探していたのだろうと思うほど、今の世の中はとても便利でありがたいです。

とは言えレクリエーションのネタを探すと言っても沢山ありすぎて困ることもあると思います。
また、欲しい情報になかなかたどり着けない時もあります。

ここではかもめがよく見ていていたり、実際に参考にさせてもらっているサイトを紹介しようと思います。

FUN SEED

リンク

介護のエンターテイナーとして、様々な活動をしている石田竜生さんが運営しているサイトです。

今日は何の日レクとして、今日は何の日なのかを紹介しつつ、それに絡めたクイズも取り上げています。ホワイトボードレクとしても取り入れられると思います。



その他、脳トレクイズやレク・体操のコツなどいろいろな情報を発信されています。
セミナー・講演会・イベント講師もされていて、勉強会を依頼することもできるようです。

介護レク広場

リンク

レクネタを探すページレクの種類別・実施時間別・人数別等、自分に必要な情報を選んで検索できます。


レク素材も豊富で、レクネタ同様検索して探すことができます。会員登録をしないと素材などのダウンロードができませんが、登録自体は簡単にできます。

また、サイトと同じ名前の雑誌も販売していて、購入ページにも飛ぶことができます。

公益財団法人 日本レクリエーション協会(レクポ)

リンク(日本レクリエーション協会) リンク(レクポ)

高齢者だけでなく子供用のレクリエーションも紹介しているサイトです。

レクリエーションのグッズを販売しているサイト(レクリエーションカタログ)へのリンクがあり、レク素材を探すこともできます。

Recrew(レクルー)という情報誌を出しているようです。

また、レクリエーションに関する資格を取りたい人向けの講座もあります。

MY介護の広場

リンク

認知症予防、間違い探し、塗り絵、壁画などのカテゴリーに分けて紹介されています。

介護現場で使えるフリーイラスト集もありますので、レクリエーションのみでなく印刷物を作る際の挿絵を探している時にも助かります。素朴な感じのイラストで、少し懐かしさを感じさせるものもあります。


その他、介護スキルに関する記事などもあり、総合的に介護士として勉強の場となるサイトです。

みんなのお助け❤NAVI

リンク

ジャンル別にレクリエーションが探せるようになっています。


月別や季節別のレクリエーション紹介もされています。クイズ多め。

40人のデイサービスで喜ばれるレクとは

リンク

現役介護士さんが運営しているサイトです。
日々のレクの記録を簡潔に利用者様の様子も交えて紹介しています。


ジャンル別・使用するもの別にカテゴリが別れていて、例えばお手玉を使ったレクには何があるかを知りたい時にとても役に立ちます。

Creative Park

リンク

ペーパークラフトをする時にとても便利なサイトです。はじめに簡単なアカウン登録をしておけば、ペーパークラフトの図案をダウンロードできるようになります。


ジオラマなどや、立体的な動物などの型紙、モビールのモチーフなどもダウンロードできてモノ作りの好きな方には楽しいと思います。

素材もとても豊富です。

レクリエ

リンク

介護雑誌レクリエのWEB版です。会員登録をすると、ダウンロード素材(塗り絵など)がダウンロードできるようになります。


雑誌のレクリエの年間購読の申込みや、セミナー申し込み、レク用品や介護用品のショップへのリンクも張ってあります。

デイサービスのレク365

リンク

車椅子のレク・ワーカーさんが運営しているサイトです。
現在は更新をストップされていますが、千種類以上のレクリエーションを紹介されています。

左側のテーマ一覧から興味のあるジャンルのレクリエーションを探すことができます。

番外編

上記の9サイトは、それぞれ自分の求めるレクリエーションを探しやすいようにカテゴライズされているものが多い為、急いでやってみたいレクリエーションを探すのにはうってつけです。

ですが、毎日更新しているデイサービスのブログや職員さん個人のブログは世の中に多くあります。

人気ブログランキングのデイサービス部門では現在58サイト登録されています。
8選の中にもある 40人のデイサービスで喜ばれるレクとは も登録されています。

デイサービスの日々のブログを読む事でもヒントをたくさん見つけることができると思います。

時間がなくて全部を見ることは難しいかもしれませんが、ちょっとした空き時間や休日を利用して読んで行くうちに、アイディアのヒントとなる記事に出会えるはずです。

レクリエーションを検索する時に使うワードについて

明日のレクリエーションを何にしようかと悩んでいる時に、google(Yahooでも同じです)で何かいいネタがないかなぁ~と、かもめは探しています。

始めの内はキーワードには 「レクリエーション」 と入れて検索をしていました。

このキーワードだとレクポや介護レク広場などは検索結果の上位に入ってくるのですが、FUN SEEDさんのサイトなどはあまり上位に出てきません。

そこで、幅広くアイディアを求めている時ではなく、何をしようか決めている時には、直接その言葉を検索にかけてみるのがいい! と途中から気づきました。そのほうが、レクリエーションを取り上げた多くのサイトに出会える可能性があります。

また、検索結果から自分がいいなぁと思うサイトを見つけるのが簡単になります。

塗り絵を予定している時。 1つづつのサイトを見て回って、いい塗り絵を探そうとすると大変になります。

一方「ぬりえ」と検索するとgoogleでは画像のみの検索結果が見れます。

玉石混交ではありますが、色々なサイトから画像を抜き出しているため、一覧で見ることができます。


また、塗り絵のテーマを決めている時には(例えば夏のイラストの塗り絵など)キーワードをかけ合わせると、求めている塗り絵を探すまでが早くなります。

画像をクリックすると、元のサイトへのリンクがでてくるため、その塗り絵がフリー素材なのかを確認した上で印刷をしたら大丈夫です。

他にも、番外編で紹介した、個人のブログや各法人が運営しているブログでも、実際に行ったレクリエーションを紹介しているところがあります。

写真付きだったり、職員さんの感想付きだったりと、バラエティに富んでいて見ているだけでも楽しいです。

普段出会うことのない遠いどこかの介護職員さんと同じ気持ちで頑張っていることを感じられて、日々のモチベーションアップにもつながります。


次にレクリエーションのネタを探す時には活用してみてくださいな🎵

レクリエーションに関する書籍紹介

介護レク広場

サイト紹介のところでも触れましたが、雑誌として2ヶ月に1回発行しています。

そのままコピーして使える脳トレや塗り絵などがついていたり、あの頃あの日に何があった?を紹介しているコーナーもあります。

体操やモノ作りのレクリエーション、ゲーム系の他、介護職員としての学びになる記事も取り上げています。

レクリエ

こちらもサイト紹介のところでも触れました。隔月発行の雑誌で、モノ作り、体操、クイズや料理レクなど紹介しています。

困りごとを解決する便利グッズの紹介もされていて、プレゼント企画もあります。


介護職員のレベルアップのための記事も豊富で、勉強になります。

今日はなんの日?というコーナーや巻末に塗り絵などの素材がついているのは、介護レク広場と同じです。


その他に書籍として、下記の書籍をかもめは購入しました。

高齢者のための簡単・楽しいレクリエーション

レクリエーションを盛り上げるためのコツやテクニックが紹介されていて、レクリエーションに慣れていない頃には、ああ、こうすればいいのか❗と、思うことばかり。

失敗も笑いを取るためのネタにする!など、失敗にくじけにくくなるマインドも載っていて、これを読んでもかもめは、とても心が軽くなりました。

テクニックを、毎回一つづつでも取り上げていく事で、自分のレベルアップしている具合がわかるようになります。


レクリエーション自体は、ゲーム系の紹介に重点を置いていて、最後の方にモノ作り系の紹介がされていました。

参加人数の目安やレクリエーションの効果もわかるようになっていて、実際にレクリエーションとしてやってみる時にそのまま取り入れられます。

また、盛り上げるためのコツをレクリエーションごとに紹介してくれています。

車椅子・片麻痺の人もいっしょにできる高齢者のレクリエーション

障害のある方でも参加して楽しんでもらえるよう、注意する点やどの様な基準でレクリエーションを選択したら良いかなど紹介されています。

レクリエーションをする際のテクニックも紹介されています。

体を使ったゲーム、頭を使ったゲーム、絆を深めるゲームの紹介がメインです。
基本の遊び方とアレンジした遊び方が載っているため、参加する方によって使い分けることができます。

また、所要時間やレクリエーションのレベル、効果も書かれています。
利用者様にどんな効果を目的にして行うレクかを伝えると、参加意欲がわき、積極的になってもらえるばかりでなく、意識することでその効果を高める事もできます。

お年寄りの作って楽しむレクリエーション大百科

作り方も写真で紹介されているためとてもわかり易いです。
簡単に作れるものが紹介されていて、取り入れやすいと思います。

壁面飾り、飾り・日用品、施設内装飾、折り紙、塗り絵に分かれて紹介されています。
巻末には塗り絵や型紙などの素材が載っています。

レクリエーションに関する資格

自分流にレクリエーションを勉強するのもいいですが、きちんと体系化した知識をもってレクリエーションを提供したいという方のために、レクリエーションの資格があります。


それが レクリエーション介護士 という資格です。


2級、1級とあります。

2級では コミュニケーション能力、企画力、実行力を学べるようになっていて、費用は3万5千円~4万円弱のようです。

1級は、2級を取得している方ではないと受講できません。

受講することで、施設でのレクリエーションリーダーや介護レクリエーション講師として地域のレクリエーション活動を企画、実行できる事を目標にしているようです。

試験や現場実習をして、ようやく認定されるようです。費用も5万円強~9万円超えのコースもあり、かなり本格的に学ぶ機会となるようです。



本気でレクリエーションを学んで、レクリエーションのプロとして生きていこうと思うならば、とってみるのも一つの手です。

最後に

レクリエーションに関する事を取り上げましたが、一生懸命利用者様のことを考えて、でもうまくいかなくて・・・という時には心が沈んでしまうこともあります。


そんな時にみると元気になれる介護に関する書籍や映画をこちらで紹介しています。


ただでさえ、常に動き回りかつ利用者様の安全に注意を向けていないといけない職業です。

しんどくなり過ぎないように、自分のペースで成長していきましょう❗

ちなみに、アマゾンでのお買い物にはアマゾンチャージがおすすめです。

大きな金額になるほど、ポイント還元が高くなりますよ!

ポイント付与率

画像は、アマゾン様より引用


さあ、レッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました