【簡単】運動系レクリエーション*ボッチャ風ゲーム【やり方解説】

運動系レク

パラリンピックにも採用されているボッチャという競技があります。それに近いルールでもう少し緩く簡単に遊べるようにしたゲームを今日は行いました。2つのチームに分かれて行うので、利用者様にも熱が入ります。スーパープレイ?や力強いプレイなどがあると、女性利用者様から黄色い声も!

運要素もあるゲームで、一人の投球が盤面を大きく変える事にもなり、盛り上がります。一人の責任ではなくチーム戦のため協力し合う楽しさもあるレクではないでしょうか。それではやり方の紹介です。

スポンサーリンク

準備物

ペットボトル(2ℓ入り) : 1本 
*百円均一に売っているビニールのカラーボールでもOK! 本物のボッチャの白い球だと本格的になるかも(お手玉に対して重すぎるけど・・・)

お手玉 : 人数分

やり方

①利用者様に円形になって座ってもらいます

②利用者様の輪の中心にペットボトルを立てておきます
 *ペットボトルの中におはじきやビー玉を数個入れておくと派手な音が鳴って倒れるので楽しめます

③利用者様にその方の名前の書いたお手玉をお渡しします

④チーム分けをします。純粋に座った場所でチームを分けたり、ジャンケンをしてチーム分けをしたりします。じゃんけんをするとアイスブレイクにもなるので良いかもしれません

⑤チームが決まったら先攻後攻を決めるじゃんけんをします
 *今までの実感から後攻の方が少し有利な気がします

⑥チーム内で投げる順番を決めます

⑦先攻のチームの1番手の方からお手玉をペットボトルに近づけるように投げていきます
 お手玉がペットボトルにあたって動いてしまってもOK
 ペットボトルの動きが勝負を分けることが多いです

⑧次に後攻のチームの1番手の人がお手玉を投げます。その後、先攻→後攻と次々にお手玉を投げていきます

⑨全員が投げ終わったら勝利チームを決めます
 a、ペットボトルに一番近い人のチームが勝ち
 b、負けたチームで一番ペットボトルに近い所にあるお手玉を探す
 c、bのお手玉よりペットボトルに近い「勝利チームのお手玉の数」が得点になります

⑩先攻後攻を入れ替えたり、チーム内で投げる順番を変えたりして、2~4回戦くらいまでします

⑪勝利回数の多いチーム、または合計得点の多いチームが総合優勝となります

⑫結果発表をして、一番派手な投げ方だったり、勝負を決める一球を投げた人などにインタビューをして盛り上げてみます

⑬みんなで感想戦などをしてみるのもいいかも

もともとがパラリンピックの競技になっているスポーツのボッチャ。本家では自力では投げられない方でも道具を使うなりりて工夫して出来るようになっています。片麻痺、車いすの方でもできますが、一方戦術のいる競技なので男性でも楽しめるのではないでしょうか。

この度は投げる順番など簡単にしたり、お手玉で行うやり方を取り上げましたが、本来のボッチャのようにボールを使ったり、投げる順番もボールが遠いチームが投げる、というルールで行ったほうがさらに戦術の幅が広がり面白くなると思います。レッツトライ!

参考までに本家ボッチャの様子を!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました